CONCEPT

八王子市のまちづくりの基本理念は、「人とひと、人と自然が響き合い、みんなで幸せを紡ぐまち八王子」となっています。

 

豊かな自然環境を有し、また交通の要所として古くから発展してきた八王子の自然環境と歴史を次世代に継承しながら、人々が支えあい、信頼の絆でつながり、生きる喜びを感じる、新たな時代に向けたまちづくりの基本理念です。

 

連合体:スマートパークス由木(以下『スマートパークス由木』と表記)もこの理念に立脚し、まちのみどりとオープンスペースがさまざまに確保された152の公園や緑地の日常管理を通じてそれぞれの価値や魅力を見つめ直します。

 

その結果、人々の生活シーンの端々に身近な公園や緑地が登場し、それがまた一人でも多くの市民の幸せな記憶につながっていくことに願いを込め、『すべての世代に幸せをもたらす、人々に寄り添う公園づくり』という理念を掲げて活動してまいります。

 

固有の価値を備えた4つの構成団体(一般社団法人スマート、㈱ビスタ、株式会社エーデン、NPOフュージョン長池)は、地域力と専門性を最大限に発揮し、効率的かつ公益的な公園管理事業を進めていきます。「スマートパークス由木」は、この多様な個性を持つ152の公園・緑地について、近隣にお住まいの皆さまのご要望に寄り添いながら、日々の管理を行ってまいります。

 

『スマートパークス由木』は、その団体の理念を達成するために、以下の4方針を経営方針として掲げます。

 

① 行政と指定管理者、公園利用者それぞれの参加と合意形成に基づいた公園の管理運営

② あらゆる主体/多様な世代の“協創*“を目指した、みどりとオープンスペースの活用

③ 地域の自然を大切に守り、生物多様性にも配慮したみどりの最適化管理

④ 一般社団法人を構成団体の代表に位置づけ、公益的事業として指定管理を実施

 

指定管理者について

 

指定管理者制度は平成15年9月2日から施行された制度です。

制度導入により、市が出資する法人や公共的団体に限られていた公の施設の管理運営業務に、民間事業者やNPO法人等が参入できることになりました。

八王子市では、民間のノウハウを広く活用し、効果的・効率的な施設運営と市民サービスの向上を目指し、平成18年4月1日より本制度を本格的に導入しています。公募により選定され、議会の議決を経て指定されます。

 

指定管理者 スマートパークス由木について

 

『スマートパークス由木』は4つの構成団体「一般社団法人スマート」、「㈱ビスタ」、「株式会社エーデン」、「NPOフュージョン長池」から構成されています。

 

「一般社団法人スマート」(以下、「(社)スマート」と表記)は、指定管理事業を公益事業として牽引するために設立された一般社団法人であり、上記の理念を実現するため、構成団体の代表として3つの構成団体を統括していきます。

 

固有の価値を備えた3つの構成団体(株式会社ビスタ、株式会社エーデン、NPOフュージョン長池)は、地域力と専門性を最大限に発揮し、効率的かつ公益的な公園管理事業を進めていきます。

 

一般社団法人スマート

(株)ビスタ

(株)エーデン

NPOフュージョン長池